性病に関心が無いと、症状のない性病をどんどん進行させてしまう可能性があります。そんなことになる前に性病に対する知識を身につけましょう。

更新履歴
考えている女性

性病の中には症状の出ないものもあります。
症状が無いなら問題が無いのでは、そのまま放置してもいいと思われがちですがそのままにしているとガンなどの重篤な病気を引き起こしてしまうこともあります。
ですので不特定多数の人と性交渉している方は何も症状がないからと言って安心してはいけません、定期的に病院で検査を受けるかネットで販売されている性病検査キットを買って検査をすることをおすすめします。

症状の出ない性病として有名なものはクラミジアです。
男性の場合は尿道にかゆみを感じることがありますが20パーセントの人に症状が出ません。
女性の場合は80パーセントの人に症状が出ず、出たとしてもおりものの量が増える程度ですのでほとんど自覚症状はありません。

他にも淋病などもあります。
こちらは男性の場合おしっこの時に痛みを感じることがあるものの20パーセントの人に症状が出ません。
女性の場合はクラミジアと同じくおりものの増加程度で80パーセントの方に症状が出ないのです。
そのため、淋病の治療を行う発想に至らない人が多いです。

エイズに関しては男性女性ともに症状が出ないのが特徴です。
しかしそのまま放置していますと命に関わるような重篤な事態になります。

梅毒に関しては最近女性の間で感染者が増えていますが、こちらも男女ともに症状が出ない病気です。
薬によって治療できますがそのまま放置していますとエイズ同様重篤な事態になります。

女性への発症が多いカンジダも自覚症状が薄い性病として挙げられています。
カンジダが発覚したらすぐエンペシド膣錠を使うことで早めに治療へ取り掛かりましょう。

あと性感染と言えば性交のみで感染するイメージがありますがオーラルセックスやディープキスなどでも感染する可能性がありますので心当たりのある方は検査をしましょう。

ほとんどが症状の出ない段階で対処すれば問題なく解決します。
根本的に解決しなくても症状が出ないようにできる場合もあるのでまずは知ることが大事です。

記事一覧
落ち込む女の人

現代医学では様々な病気が完治させられるようになってきましたが、それでも医学はまだ完全にすべての病気に...

最近の投稿
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索